Return to site

腰痛と胃腸は密接な関係にあります!!!

こんにちは!
神戸元町・花隈リラクゼーションサロン〜PrimaSpa〜セラピスト宅見です(*^^*)
いつもご覧いただきありがとうございます!

皆さんの一番お疲れな箇所ってどこですか?
私はいつも腰が疲れるんです(>_<)
そして、胃腸が弱いです(>_<)!

腰と胃腸。
実は思っている以上に密接に関係しているんです。

腰痛の原因は、

◆ストレス

◆職業病由来の腰痛

◆内臓の不調や病気

◆腰椎に原因があるもの

(ヘルニア、腫瘍性疾患…)

などがあります!

今日はその中のひとつ、胃腸と腰痛の関係についてご紹介しますね(^^)!

まず人体の優先順位から考えると、一番守らなければいけないのが内臓です。

その胃腸が弱ると、まず背中側の筋肉(脊柱起立筋)が緊張をし始めます(>_<)

筋肉や骨には内臓を守るという重大な役割があるからです!!

人間の筋肉はほとんどが対になっていて、お互いを引っ張り合いながら支えています!

 

なので背中側の筋肉(脊柱起立筋)が緊張をし始めると、それにつられるようにお腹側の筋肉(腹直筋)も緊張し始めます。

脊柱起立筋とは、骨盤から頭蓋骨にかけての背骨キワにあるいくつかの筋肉の総称。

腹直筋は、いわゆる腹筋です(^^)

胃腸が不調を訴え始めると、

「エネルギーが必要だ!」

という指令が出ます!

すると、人は脂っこいものや甘いものを欲しがろうとします。

高カロリーな食べ物は即エネルギーにはなりますが、消化の際、胃腸に大きなストレスを与えます(>_<)

また、コンビニ食や外食が多い方も同じように胃腸に負担がかかっていることが多いです(>_<)!

こうしてさらにストレスをかけられた胃腸は悲鳴をあげ、それを何とかして守るために脊柱起立筋と腹直筋はこれまで以上に緊張し始めます…

=腰痛や背中の痛みに!!

できる限り消化にいいものを食べることや、よく噛んで食べることは腰痛対策にひとつになります(*^^*)

よく噛むことで唾液の分泌を促し、胃腸の負担を軽減することができますよ!

なので、内臓を休めるという意味では半日断食や1日断食は効果的♪♪

食べたい欲にいつも負けてしまいますが、私もたまに断食します(*^^*)

(お水はたっぷり摂ってくださいね!)

*********
Prima Spa
神戸市中央区元町通4-4-8 5F
078-599-8289
営業時間:11時~21時
定休日:毎週月・火
*********

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly